« JFL新加入6チーム決定について | トップページ | 年賀状の季節に思い出すこと »

J1最終節で優勝が決定した過去のシーズン(修正済)

*2006年を見落とすという大きな間違いがありましたので、追加訂正させていただきます。 申し訳ありません。*

--------------------

 明日は、J1最終節。 横浜FMが久々の優勝を果たすのか、それとも広島の連覇か、楽しみですね。
 
 2005年から通年制になって以来、最終節に優勝が決まったシーズンは05、06、07、08、09、11年の6回でした。 どこかでこういう記事がすでにあるかもしれませんが、自分なりにここで、整理し振り返っておきたいと思います。 

<05年> 5チームに優勝の可能性があったが、直接対決はなし。
33節終了時(③~⑤は得失点差)
①セレッソ 勝点58 
②G大阪    57  
③浦和     56
④鹿島     56
⑤千葉     56

最終節は、
セレッソ△2-2FC東京(10位)、
川崎F(6位)2-4○G大阪、
新潟(12位)0-4○浦和、
鹿島○4-0柏(16位)、
千葉○2-1名古屋(14位)。
セレッソだけが引き分け、他の4チームはすべて勝利し、順位は②~⑤が1つずつ繰り上がり、G大阪が初優勝。

最終成績(②~⑤は得失点差)
①G大阪  勝点60
②浦和     59
③鹿島     59
④千葉     59
⑤セレッソ   59

------------------
<06年> 2チームに優勝の可能性。 しかも、直接対決。
33節終了時
①浦和  勝点69 差38
②G大阪   66  33
(③川崎F   64  27)

最終節は、
浦和○3-2●G大阪。 
直接対決で、浦和はG大阪に敗れても3点差以内なら優勝という有利な条件下。 勝利で初優勝。 G大阪は川崎Fに抜かれ3位に。

最終成績
①浦和 勝点72
②川崎F  67
③G大阪  66

------------------
<07年> 2チームに優勝の可能性。 
33節終了時
①浦和 勝点70
②鹿島   69

最終節は、
横浜FC1-0●浦和、鹿島○3-0清水。 
浦和はアウェイとはいえ、最下位に敗戦。 鹿島はホームで4位清水に勝利し 逆転優勝。

最終成績
①鹿島 勝点72
②浦和   70

------------------
<08年> 2チームに優勝の可能性。
33節終了時
①鹿島 勝点60
②川崎   57

最終節は、札幌0-1○鹿島、東京V0-2○川崎F。
ともにアウェイで、鹿島は最下位に、川崎Fは16位に勝利。 順位は変わらず鹿島が優勝。

最終成績
①鹿島 勝点63
②川崎   60

------------------
<09年> 前年と同じ2チームでの優勝争い。
33節終了時
①鹿島 勝点63
②川崎   61

最終節は、浦和0-1○鹿島、柏2-3○川崎F。
ともにアウェイゲーム。 鹿島は6位浦和に、川崎Fは16位柏に勝利し、順位はそのままで 鹿島3連覇達成。

最終成績
①鹿島 勝点66
②川崎   64

------------------
<11年> 3チームのデッドヒート。 
33節終了時
①柏 勝点69
②名古屋 68
③G大阪 67

最終節は、浦和1-3○柏、新潟0-1○名古屋、清水1-3○G大阪。 すべてアウェイで、柏は

15位浦和、名古屋は13位新潟、G大阪は9位清水に勝利し、順位は変わらず、柏初優勝。

最終成績
①柏 勝点72
②名古屋 71
③G大阪 70

 6回のうち、05、07年の2回がドラマテッィクな逆転優勝でした。 ともに、首位チームがプレッシャーに負けて、引き分けや敗戦で勝点を落として、2位に逆転されています。 逆転ですから、首位がこけないとはじまらないのは当然ですが。 

 06年は直接対決で決まる大一番でしたが、勝てばいいというシンプルな条件ではなく、3点差をつけて勝たなければならないという条件は、G大阪にとって厳しいものでした。

 直近3回は、優勝の可能性のあるチームがすべて最終節に勝利を収めています。 かなり重圧のかかる試合のはずですが、順位も変わることがなく、劇的な展開を期待したがる第三者からすれば、「 面白みのない結末 」でした。

 また、6回の中には、勝点差だけでなく、得失点差も絡むと思われたシーズンもありましたが、結局は得失点差で決着したことはありません。

今季は、
①横浜FM 勝点62 得失点差19
②広島     60     20
③鹿島     59     10

そして、最終節の対戦カードは、川崎Fvs.横浜FM、鹿島vs.広島。 
珍しく直接対決がありますが、正直、得失点差が鹿島には重くのしかかります。 点の入りにくいサッカーですので、優勝可能性としては限りなくゼロに近いですね。 

横浜FM●&広島○の場合は、勝点で上回る広島が優勝。 

横浜FM△&広島○の場合、同勝点となり、得失点差で広島の優勝。

その他の場合は、すべて横浜FMの優勝です。

そして、先日も書きましたが、セレッソが浦和に勝利した場合、(広島○)&(横浜FM△or○)のときに、鹿島、川崎Fを抜いて、3位の座が転がり込みます。 実はこういう意味で楽しみにしているんですが(^o^)。
(2013.12.6 20:19) (2013.12.6 22:35追加及び訂正)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

|

« JFL新加入6チーム決定について | トップページ | 年賀状の季節に思い出すこと »

コメント

前提から間違ってますよ。
2006年も最終節で決まってます。

投稿: | 2013年12月 6日 (金) 21時53分

コメントありがとうございました。助かりました。

投稿: スーハイ | 2013年12月 6日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506771/58709216

この記事へのトラックバック一覧です: J1最終節で優勝が決定した過去のシーズン(修正済):

« JFL新加入6チーム決定について | トップページ | 年賀状の季節に思い出すこと »