« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

勝て勝て勝て勝てホーム・・・

野球を全く見ない人なんですが…

野球選手ってみんな大きいのね→ココ

サッカーは大きければいい というスポーツではないけれど、(そんなスポーツがあるのかどうか分かりませんが)国際試合で対等にやるために、特定のポジションには、やはり大きくて、しかも早くて、強い選手が欲しいもの。

やはり、野球に流れる人材をサッカーへ導かないといけないのかな。

現在、プロ野球とJリーグでは 年俸は勝負にならない。

となると、ヨーロッパで活躍する選手がもっと増えて、こどもたちの「夢」が 手の届く「目標」に変わらないといけない。

そのためにも Jリーグのレベルアップが求められる。

大観衆の声援の力で、選手が苦しい場面でも驚くほど頑張れることを、今回のワールドカップが教えてくれる。

ならばJクラブは観客動員を増やさないといけない。サッカー専用スタジアムなら観衆が増えるのに…という言い訳をしていてはダメ。

もちろんドイツのスタジアムが今いつも満員盛況なのは、2006年ワールドカップを契機にサッカー専用スタジアム が増えたからなのだろう。

でも、そこに至るには、ドイツでも陸上トラックがある時代(1974年西ドイツワールドカップでは、陸上トラックなしはヴェストファーレンだけだった)から、地元のチームを、地元のスタジアムに出向いて、試合を見て応援する習慣というか文化を脈々と築いてきて、それがベースにあるところへ、観衆を引きつける魅力のあるスタジアムができたからこそだと思うのだ。

Jクラブは、もっともっとホームゲームを大事にしなければいけない。ホームでの勝利が観戦リピーターを増やすのだ。ホームゲームで勝利を見せないで、いつ見せるのか?

極論にはなるが、主力を温存するなど、アウェイゲームを捨ててでも、ホームでの勝利を目指すべきだ。 フォルランはホームオンリーでいいのだ(^^)。 あらゆる手練手管、突飛な戦術を用いてでも勝ちにこだわるべきなのだ。

Jリーグには、まだホームとアウェイの差がないからね・・・そんな話をよく聞くが、リーグ創設からもう20年以上が経過しているのにいまだにそんな言い訳をしていていいのだろうか? 
(2014.7.7 15:04)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ 4強リーグ だったらなあ(^^)

TOP4 が決まり、いよいよ 残り試合は 4 試合 となってしまいました。

大会前、スペイン や イタリア が グループリーグ を突破できない、と思っていた人は少ないはずですが、

それでも、今回勝ち残った 4 カ国 での 準決勝 を予想した人は結構いたはずです。

まあ、ブラジル、ドイツ、スペイン、アルゼンチン と予想した人が最も多いでしょうか?

それにしても、ここまで 優勝候補 が 勝ち残る のはめったにないことです。

なんと、3国は複数回の優勝経験があり( 3ヵ国 合計優勝 10回)、1国は決勝進出 3度(すべて準優勝だけど)!なのですから。

考えられる 決勝 カードと 3位決定戦 カードは 次の 4 パターン。

①ブラジル×オランダ    (3決ドイツ×アルゼンチン)

②ブラジル×アルゼンチン(3決ドイツ×オランダ)

③ドイツ×オランダ       (3決ブラジル×アルゼンチン)

④ドイツ×アルゼンチン   (3決ブラジル×オランダ)

3位決定戦 という試合がありますが、これはプレッシャーから解放された後の試合ですから、過去好ゲームになることが多いとはいっても、やはり出場機会のなかったメンバーを起用したりするので、真剣勝負 からは遠くなるものです。

だから、考えても詮無いことなのですが、4チームの 真剣勝負 6 試合 を見たいなと思うのです。

そう、64年前、1950年ブラジル大会と同一形式です。

現行の大会形式だと、

上のパターン ① と ④ なら、

ブラジル×アルゼンチン & ドイツ×オランダ の2試合がありません。

上のパターン ② と ③ なら、

ブラジル×オランダ & ドイツ×アルゼンチン の2試合がありません。

これらの試合も見たいと思いませんか?

総当りに変更したとしても、それぞれのチームは 1試合増えて、2 試合が 3 試合 になるだけなんですけどねぇ~。
(2014.7.6 20:56)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »