« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

気になる選手大森

1535623_745793992163472_35718329930

下薗さんによるインタビュー。

何年前になるのかな?
万博・大阪協会グラウンドでのプリンスリーグの試合後に、
監督1年目の大熊裕司監督、高3の健勇、高1の拓実 に話を聞いた(2人同時にいなくなるとは(>_<))。

そのついでに(^^)、G大阪のクラブハウスの階段前で、まだ ユースから トップ昇格 できるかどうかが決まっていなかった晃太郎くんから直接聞いたのがこの内容だった。

晃太郎くんの立場上(^^)、その後も とても原稿にはできない話だったが、
今の時期に自分からカミングアウト?したのは、

G大阪の中で しっかりと足場を築けた という 自信 があるからなんだろうな。
成長したねぇ〜。

大森晃太郎
G大阪で一番気になる選手なのです。
(2015.1.15 16:25)

 

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三都主というよりもアレックス お疲れ様!

三都主アレサンドロがブラジルへ帰った。

私の記憶の中の三都主と言えば・・・

三都主になる前(=帰化前)、
「アレックス」という登録名の清水エスパルス時代は、
本当に恐ろしい選手だった。

特に99年はJリーグのMVPに選ばれるほど、素晴らしいパフォーマンスだった。

高い技術と強烈なスピードで、左サイドを何度も何度もロングドリブルで突破していく迫力。

当時の日本人選手が持ち得ない「凄み」があった。

そして、磐田と清水の静岡ダービーとなったチャンピオンシップ第2戦の一発レッドカード。

まだ22歳、尖っていた若きアレックスは自分自身をコントロールできなかった。

2つ目。
帰化後、日本代表として出場した02年ワールドカップでは、
トルコ戦@宮城のFKをクロスバーに当てた場面。

あれが入っていたら、日本は・・・と今でも思い出してしまう。

最後は、04年アジアカップのPK戦。 
足下が軟弱だったため、一番手俊輔がバーを大きくオーバーする失敗したあとの
2番手の三都主も立ち足をすべらせて、俊輔をなぞるようにバーを大きく越えた場面。

正直、「何しとるんや!」と腹が立った。
そのあと、宮本ツネが主審と掛け合って、PK戦のゴールが反対側に変えられたのだが、
なぜかすでに失敗していた三都主が、図々しくも、
もう一度蹴る気でゴールに向かったのには大いに笑わせてもらった。

なんだか、3つともご本人にとっては思い出したくないシーンになってしまった(^^)。

16歳で日本に来て、途中で今 南野拓実 が移籍したザルツブルクへ移籍はしたが、
37歳まで日本でプレーしてくれたアレックスにはありがとうの言葉しかない。

Boa sorte!
(2015.1.14 0:58)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拓実 出て行く以上は、活躍しろよ!

私見だが、

まだ若い 焦って今行くことはない。

だが、行く以上は、

いくら2億近い移籍金を残すと言っても、

このタイミングでの移籍を

「裏切り」、「恩知らず」として、

反対する者を

黙らせるほどの活躍を願う。

セレッソ残留にも貢献できず、

U-20ワールドカップ出場も果たせず、

新シーズン、1年での昇格に力も貸せず、

欧州移籍で手倉森五輪代表にも呼びにくくなった。


2月中ごろという墺太利ブンデスリーガ再開まで

1ヵ月強あるブレイクでチームに溶け込み、

結果=ゴール&アシスト でアピールするしかない。


ストレス発散に、「うっさいじゃボケ」と罵ってもかまわん。

誰も日本語は分かるまい。


ただ、彼の焦る思いを鎮め、国内で実績を積むように

説得できる人物がいないのが とても残念で悲しい。
(2015.1.6 14:26)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »