« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

賀川さんのワールドカップ

FIFA会長賞受賞以来、賀川さんのことを考えることが多い。

賀川さんのワールドカップ初取材は1974年西ドイツ大会。

以降、2010年南アフリカ大会を除く計10回取材されている。

日本は98年フランス大会から5回連続出場しているから、 賀川さんのワールドカップ10回のうちに日本は4回出場していることになる。

ということは、6回(74、78、82、86、90、94年)には日本の姿はなかったことになる。

日本が出場していれば当然日本戦を取材されたはずなので、組分け次第ではあるが、いくつかの激戦、名勝負を見逃されただろうし、何人かの名選手、ビッグプレーを見落とされたかもしれない。

「日本が弱かったおかげや」なんて絶対言われないだろうけど(^^)。

もっとも、当時の日本が出場できたとしても、間違いなくアウトサイダーだったはず。グループステージはともかくノックアウトステージでは問題なしだっただろうね。

(2015.2.19 13:18)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アギーレ組のみなさまへ

アギーレ様

昨年8月からですから、半年という短い間でしたが、

代表監督として頑張っていただいたことを感謝します。

あなたが無罪を勝ち取られることを

心から願っております。

また、どこかのチームの監督として、

日本のチームと対戦できるといいですね。

そして、

スチュアート・ゲリング

フアン・イリバレン・モラス

リカルド・ロペス・フェリペ

この3人は、

昨日アギーレ監督と同時に

契約解除となったコーチたち。

スムーズに行けば、

2018年の夏まで、

日本代表スタッフとして

一緒に戦うはずだった面々。

プロフェッショナルだから、

突然(ある程度覚悟はしておられたか?)の「失業」には

慣れておられるだろうから、心配する必要もないのかもしれないが

新たな「職場」でのご活躍を心から祈りたい。

そして、通訳の羽生直行さん。

どういう処遇になるのかは存じないが、

スペイン語、ポルトガル語、英語が堪能とのこと、

新監督の母国語が3つのどれかで、

「留任」できればいいのだが・・
(2015.2.4 22:09)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表監督選び

ワールドカップ期間中、つまりヨーロッパのシーズンオフに交渉し、就任が決まったのがアギーレ「前」監督。

新シーズンにどのクラブ、どの代表チームで指揮を執るかが決まっていなかった「監督候補」たちの中から、日本が(当時の原技術委員長がというべきか?)望んだ人物がアギ-レ氏だったのだが、今回状況はかなり異なるし厳しい。

国内外の多くの優秀な指導者たちは、今何らかのポジションについている。JFAはそこから強奪できるか。

ヨーロッパはシーズン真っ盛り、Jリーグはシーズンオフとはいえ、開幕までもう時間はない。そう易々と監督を手放してはくれないだろう。

となると、現在「無職」あるいは、現職に満足していない、あるいは現場に未練のある人物の中から選ぶしかない。

様々な人物が想像できるが、その人が働き盛りなら、なかなか代表チームの監督をやりたがらないこと、ヨーロッパを離れ極東日本に来ることには相当なデメリットがあることを考えると、よほど大金を積まないと大物は来てくれないと思うべきだろう。

原さんはアギーレ就任に際し、「日本人監督は時期尚早」という考えだったようだが、その考えはJFA内部での合意事項なのだろう。それに在野には「やりたそうな人」はいるが、適任と思える人物は残念ながら思い浮かばない。

単独チーム、代表チームのいずれをも指揮した経験を持つ監督(日本人ではもう岡田武史だけ?)で、ある程度の実績を残してきたアギーレはやはりいい人選だったのだと、改めて思う。

なので、噂の ザック? ピクシー? フェリポン? というところが無難なのかもしれない。身辺調査が容易なのはザックか(^^)。

新監督がどんな意外な人物でも、応援したいとは思うのだが・・・。
(2015.2.3 22:16)

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »